新築を一戸建てで購入するために

新築一戸建てを購入するための知識を紹介。

一戸建ての新築を購入しよう

人生の中で大きな買い物と言われているマイホームの購入は、慎重に行いたいものです。新築一戸建てを購入することを考えている場合には、消費税の増税問題がどうしても関係してきます。平成26年度4月の増税は決定していますが、翌年の消費税増税で10%の決定が今後注目されますがマイホームの購入にも大きく影響を及ぼすものです。平成26年度の消費税増税決定によりマイホームの駆け込み購入が増加しています。その中でも新築一戸建ての購入が、一番マイホームの購入の中でも高額になるので、慎重で迅速に行う必要があります。

新築一戸建ての良い物件は、無限にあるものではありません。言い換えればマイホームの争奪戦です。したがって、新築一戸建ての購入をするためには、どのような計画を立てるかがその後のマイホーム争奪戦に影響を及ぼすものです。新築一戸建てでも、建売住宅と注文住宅に分かれてくるので、自分の賄える予算を十分に念頭において新築一戸建てを購入しなければいけません。今年から来年の消費税10%に改正される時期の前までは、昨年と同じようにマイホームの購入件数が増えると予想できる時期や相続税法の改正(直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税の税率を特例)による恩恵を受ける人たちのマイホーム購入の増加が予想できます。

少しでも良い物件を手に入れるためには、いろんな情報を早めに収集します。また、近所に購入する予定があれば安心なのですが、今住んでいる場所よりも遠方に購入することになるときには、通勤時間や通学時間さらに転校を行うことも考えられます。夫婦または両親だけで相談するのではなく、子供も含めてマイホームの購入には家族会議を行うことも必要です。人気のある新築一戸建ての場合には、不動産会社が募集広告を行う前に申込者が殺到して完売してしまうケースもあります。したがって数年内に新築一戸建ての購入を考えているならば、良い場所をあらかじめピックアップしておくことも必要なことになります。マイホームの購入に成功している家族は、思いつきだけで新築一戸建ての購入を行っていません。少なくとも数年前からマイホームの購入の予定を計画しているものです。新築一戸建ての購入を考えているならば、必要な情報をあらかじめ入手することから始めていきます。しかし、闇雲に情報を入手していても良い結果を得ることができないので、ポイントを絞って情報収集を行っていきます。

具体的に行っていく情報収集は、不動産会社(有名な不動産会社といえば「吉住工務店」)が行っている展示場での新築一戸建て物件の見学は情報収集の中でも大きなポイントとなります。不動産会社の展示場見学を繰り返すことで、気持ちの中でもマイホームを購入すると言う意識を確実なものにすることができます。新築一戸建ての購入の流れの中で注意したい問題点がいくつかあります。そこで次のページでは具体的にどのようなことを新築一戸建ての購入では行っていけばよいかまたは注意していく必要があるのかを具体的に土地選び、建物選び、書面を確認と保証について詳しく説明を行っていきます。